‘Origin’ カテゴリーのアーカイブ

Origin 8月のイベント予定

2013年8月5日 月曜日

8月7日(水)12:00正午 (日本時間)- XVI ザ・タワー
8月9日(金)12:00正午 (日本時間)- ロイヤル・ガーデンのでこぼこと沼
8月14日(水)11:00am (日本時間)- Bubhosh!
8月18日(日)11:00am (日本時間)- 気を付けて! EQ詠唱は良い方法とは言えないでしょう
8月24日(土)1:00pm (日本時間)- 失われた同胞、予期せぬ上陸
8月28日(水)1:00pm (日本時間)- あなたを蝕むもの

※スケジュールは予告なしに変更になる場合があります。最新情報についてはルナのアナウンサーのHadleyをチェックしてください。

Origin EM ウェブサイト

Origin イベント 4月23日(火)10:00am(日本時間) – 翼と祈り

2013年4月22日 月曜日

禅都で発生している奇妙で不規則な侵略について調査し、熱を持った生き物に隠された謎を突き止めることができるか見てみましょう。
イベントに引き続いてカウンセラーホールでミーティングを行います。いくつかお知らせがあります。

Origin EM ウェブサイト

Origin イベント 3月27日(水)10:30am(日本時間) – ふわふわしっぽのピーター(Peter Cottontail)がやって来たよ…そして、ジギー(Ziggy)も?

2013年3月25日 月曜日

「こんにちはタリン!!!!!」ジギーはカウンターに飛び乗ってタリンのリストを見るなり大きな声を出しました。「何してんの?遊びに行かない?冒険しに行かない?なんかバクハツさせない?ほら、ボクいつだったか助けてあげたじゃない!聞こえた?ねえ何書いてんの?」
タリンは地獄からの羽が生えたやっかいものと称すべきジギーにできる限り静かに答えるため、彼女の鼻梁をつまむと今一度大きく息をつきました。「これは私がイースターディナーのために市場で揃えるもののリストよ。」
「わあ!イースターバニーが来るんだね!そうだよね!今年は何を持って来てくれるのかな!ねえ、君は彼が僕らの助けを必要としていると思わない?!」ジギーは部屋の中の本や紙をたたきながら跳ね回り、次第に混乱具合を広げながら興奮したようにしゃべりました。
「ジギーやめてちょうだい!」タリンはランタンがひっくり返って火が燃え移りそうになるのをかろうじて押さえながら叫びました。「いいえ、ジギー、イースターバニーは助けを必要となんてしていないわ。彼は集中しなくてはならないの。彼はとても気が散りやすくて混乱しやすいのよ。過去数年間というもの私たちはイースターギフトを探しに行かなけりゃならなかった。何でかって彼がほかのことに気を取られて失くしちゃったからよ。だからジギー、彼を助けようとするのはやめてちょうだい。」
「でもタリン、ボクは助けられるよ。僕はクリストフを助けたの。イースターバニーだって混乱しないように助けてあげられるよ。きっとすばらしく豪華になるね!今までで一番のイースターになるね!ジギーは彼の背後にちらかったほこりの道を作りながら勢い良くドアから出て行きました。
「だめーーーーっ!ジギー何を……」タリンは羽が生えた小さなモンスターの背後でドアがバタンと閉まった瞬間、彼を止めようと早口で叫んでいました。しかし、彼女はどうやらそれはうまく行かなかったようだと悟りました。タリンはジギーがスキップしながら声を張り上げて歌っているのを聞くと、彼女の頭を優しくデスクに打ち付け始めました。
ふわふわしっぽのピーター、そしてジギーがやって来たよ
ウサギの小路を駆け下りて
ヒッピティーホッピン!イースターがやって来る
(急がなくっちゃ)
男の子と女の子全員に運んでくる
バスケットいっぱいのイースターのお楽しみ
君たちのイースターを輝かしいものにするために
僕が手伝うんだ!

今年のイースターバニーがどんなプレゼントを持ってきたか見に来てね!ブリテインのカウンセラーホールに集合です。

Origin EM ウェブサイト

Origin イベント 3月24日(日)11:00am(日本時間) – ハンガーゲーム! UOスタイル

2013年3月22日 金曜日

ついにやってきた! オリジン初のUOハンガーゲーム! 死への戦いにどうぞ、加わってください!自身の機転だけを頼りに最後の一人にあなたはなれますか? このイベントは楽しむだけ、勝利自慢のためだけのイベントです。あなたがPvPをやってみたいなら、その機会があります。あなたは失うものはまったくありません! 資材と防具は支給されます。
プレーヤーと見学者のためのインフォメーションを読むようにしてください。すべての終了時間は厳密です。私たちは希望するすべての人たちが参加できるように(ゲートの開放時間は)十分な時間を設けていますが、時間を過ぎたら誰もこのラウンドに参加、ないし見学することはできません。
**このゲームは私たちの最初の試みです。何か問題があるようでしたら、私たちは再度実施する前にそれを解決するために作業します。私たちはこのゲームが人々が十分に楽しめるものであれば、通常のイベントとして実施することを望んでいます。

出場者と見学者に所持が認められているもの:
※ エセリアル騎乗生物、あるいは冥府の軍馬1個。もしお持ちでなければ通常の馬をご用意します。それと、
※ 家に帰るためのルーンブックを1冊。
これだけです。

出場者向けルール:
・ トランメルとフェルッカのユーからゲートが出ています。
・ ゲートは午前10時(日本時間)から午前10時35分(日本時間)まで解放されています。登録は午前10時15分(日本時間)から開始です。
・ ゲーム自体は午前11時から開始です(すべての参加者が検査を終えてしかるべき処置を施された後)。
・ 殺人カウントについて我々はコントロールできませんが、しかし、カウントを入れないよう、お願いいたします。
・ 特に派閥に加入している場合はゲーム開始30分前までに現地入りしていることが望ましいです。ゲーム開始前に死ななくてはなりませんが、ステータスロス状態から抜けることができるからです。
・ 出場者はEM PvPハウスにフレンドさせていただき、一度ログアウトすることでどこにもペットを持っていないことを証明していただきます。これが確認できたら一度「クリーン・ルーム」で待機していただきます。
・ すべてのルールについてはゲーム開始前に再度説明があります。
・ ゲームは最後の一人が残った段階で終了となります。

見学者向けルール:
・ PvPハウスの1階に集合してください。バッカニアーズ・デンのゲート付近にあるボルテックスから来場することができます。時間の節約のため、認められた所持品のみで来場くださいますよう、お願いします。
・ すべての見学者は死んでいる必要があります(私たちがお手伝いいたします)。
・ 見学者は蘇生してはいけません。そして、どのような形であれ、ゲームに介入することはできません。見つかればすぐにダンジョンから排除されます。
・ 見学者も出場者と同様の所持品のみ認められ、ダンジョンに入る前に検査されます。
・ 見学者の皆さんは出場者が「クリーン・ルーム」に移動するまでそのまま待機していただきます。その後、私たちはあなた方を検査し、殺し、ダンジョンへ送り込みます。

その他の情報についてはStraticsのこちらのスレッドをご覧ください。

Origin EM ウェブサイト

Origin イベント 3月17日(日)11:00am(日本時間) – 降水確率90%、ところにより致死率95%

2013年3月15日 金曜日

クリストフ(Christoph)は手にした紙を見て、うろたえながら再びタリン(Taryn)を見た。

「こんなのただの手紙の束じゃないか!」彼は100回以上はそう感じたとでもいうように叫んだ。

「これは暗号なのよ」タリンは辛抱強く説明した。「材料はコードに隠されているの。私たちはあの機械を倒すためのポーションをどのように混ぜたらいいのかを知るためにそれを解かないといけないのよ。」

「そいつを倒すなんて無駄なことに思えるね。強欲な人々が私利私欲のために技術を悪用さえしなけりゃこんな酷いことにはならなかったじゃないか!ぼくたちはどこでだって作物を育てることができたし、干ばつも、雹も、冬ですら来なかったのに!僕たちは一年中春の陽気の中で過ごすことができたっていうのに!」クリストフは次第に声を荒げながら、部屋を歩きまわった。

「それはそうだけど、すでにその機械のせいで死と災害があったことは間違いないわ。あなただって誘拐されたじゃない。この機械は危険すぎるわ。おそらくこの技術も良いことに生かせる日は来るでしょうけれど、今はこれ以上事態が悪くならないよう、これを止めなくては。」タリンは理路整然と言ってのけた。「問題はたとえ成分が何かわかったとして、実際に今何名かの市民が全力で解明にあたっているけれど、一体誰がこれを私たちが使えるものに安全に調合できるかってことよ?」

「ねえ、君はこれをラビリンスで見つけたって言ったよね?妙な牛型の生き物といっしょに?」クリストフは聞いた。「そういうことなら僕は必要な人物を知っているよ。」
———————————————–
ブリテインのカウンセラーホールに集合です。あなたの「悪天候グッズ」を持ってくると良いでしょう!

Origin EM ウェブサイト