2013年1月 のアーカイブ

Pacific EM Cyno Razikよりお別れの言葉「再び…」

2013年1月30日 水曜日

パシフィックのみんなへ

過去4年間(2011年の3か月間の“引退”期間を除き)、あなた方のEMでいることは喜ばしいことでした。この度僕は永久に引退することを決め、Mesannaに昨日付けで伝えました。

「しかしなぜ???」あなたは聞くかもしれません……。本当に個人的な理由です。EMでいること、パシフィックとともに働くことを愛していたし、そして今後噂がひとり歩きすることを止めるべく断言します。EMチームやMesannaに何も非はありません。僕は強制されてはいないし、クビになったわけでもないし、僕は自分自身の力と与えられた選択肢によって去るのです。

EMチームとMesannaは共に働くにつけて驚くべき人々です。そして彼らは今後も長きにわたり、イベントを供給して行くことでしょう。

パシフィックにはこれから僕が好んで思い出すであろう人々がたくさんいます。彼らのおどけた仕草、言葉、行動、何もかもが僕がEMでいることをとても楽しいものにしてくれました。

どうか僕の心からの言葉、物語、そして思い出を忘れないでください。

船を降りて、僕は黄昏を迎えます。(僕は出航しようとするパシフィックを止めるつもりはないんだ!)

あなたの前EM
Cyno Razik
Pacific 2008-2013

PS:
僕はプレーヤーとしてプレイし続けるよ。知らない人が君にハローと声をかけて来たら、それが僕じゃないとどうして言えるだろう。

Pacific EM ウェブサイト

Lake Superior イベント2月1日(金)12:00正午(日本時間) – Jonas Grumby 指揮にあたる

2013年1月30日 水曜日

Volund隊長はロード・ブラックソーンと話し合いの結果、ブリタニア水路における取引の混乱について、ガードを率いて調査にあたるようJonas Grumby に依頼しました。Jonasとの調査に加わりたい方は、金曜日にご参加ください。

集合: ブラックソーン城外

Lake Superior EM ウェブサイト

Lake Superior イベント 1月29日(火)10:00am(日本時間) – ブリアッラの旅

2013年1月28日 月曜日

今日のエンパスアビー修道院の礎を築いた七つの涙修道院のメンバーは、かって知識の探求の旅に出ることを要請されました。当時ブリタニア北部の地図はまだ記録されていなかったのです。裸足にこの上なく質素なローブを身にまとい、ブリアッラはその地を最初に記録するべく出発しました。
ロード・ブラックソーンはこの旅に参加することによって、この偉業に対する認識を新たにしてもらうことを望んでいます。参加者はブリアッラがかってそうであったように、質素な装いでミノックへ向かって歩きます。到着すればそこはThe Barnacle Tavern でのストーリーコンテスト会場となります。七つの涙修道院のブリアッラの物語を携えてぜひお越しください。

ブリテイン第1銀行とニューヘイブンにゲートが設置されます

Lake Superior EM ウェブサイト

Great Lakes イベント 1月27日(日)11:00am(日本時間) – ブリアッラの旅

2013年1月23日 水曜日

7つの涙修道会のブリアッラは謎に包まれたブリタニア北部の地図を最初に記録した人物です。ブリアッラはユーの地から裸足に粗末な茶色いモンク・ローブに身を包み、地図の黒い部分を押し広げるために出発したのです。彼女の記録はたくさんのイラストとともに、各地の地形とそこに住まう動植物、彼女が出会った遊牧民たちについての詳細な記録がありました。彼女は後にミノックと呼ばれる山の鉱脈すら発見したのです。
毎年1月の後半になると、ブリタニアに住まう人々は、ブリアッラの旅を祝福するためにモンクローブを身に着け、ユーからミノックまでの道のりを裸足で歩きます。そして人々は酒場で彼女の思い出に乾杯するのです。集まった人々はブリアッラについての言い伝えを話すこともできますし、自分たちの武勇伝を語ることもできます。
エンパス・アビー修道院の前のルイーザ・クラーク(Louisa Clark)に会ってください。その道のりはいつになくモンスターも姿を見せないので、酒場に着くまでに物語を考える時間はたっぷりあります。もっとも優れた物語は、アワード・ホールに展示されます。

Great Lakes EM ウェブサイト

Great Lakes お知らせ – トクノ条約

2013年1月23日 水曜日

王室外交相はトクノ条約に足りうる文書を受け取ることができなかったので、今後2週間、2月3日の午前零時(現地時間)まで受け付けを延長します。条約はブリタニアとトクノの間の同盟関係における条項が盛り込まれていることが必要です。
– マーガレット・コルベル(Margaret Korbel)、王室外交官
Great Lakes EM ウェブサイト