2013年3月 のアーカイブ

Great Lakes イベント3月31日(日)10:00am(日本時間) – ファーム・ボーイ

2013年3月26日 火曜日

ブリテインのカウンセラーホールに集合です。
———————————————————————-

*あなたはピクシーから本を受け取る夢を見ています*
*本を開き、夢にはめずらしくあなたはすべての文字を読むことができます*

———————————————————————-
Bet-Lem Reg の夢
Robin Goodfellow著

登場人物:
Westley – 農夫
Hermia – 跡取り娘
Queen Silvani – ピクシーの女王
Lord Oaks – ピクシーの王
Puck – Lord Oaksのいたずら好きな召使い
Robin Goodfellow – 変装したPuck
Princess Nissa –Florinの貴族
Sweet Maid Sally –Vesperの海賊市長
Nicholas Hart – 俳優
そして陽気な寄せ集めの冒険者たちの一団

物語の舞台:
Bet-Lem Reg – イルシェナーの大木の上にあるピクシーたちの棲家。夢の中でも訪れることができる。
Vesper –トランメルの商人と海賊たちの町。ムーンゲート、もしくは海路でのアクセスを推奨。

昔々、貧しい農夫 Westleyは美しい跡取り娘、Hermiaと恋に落ちました。彼女の家族は財産や身分すらない男性との結婚を許すはずもありませんでした。
Queen Silvani と Lord Oaks はTermir Ilshen の森を散策中に、Hermia に恋焦がれている様子の農夫を見かけました。 Lord Oaks は彼を助けることに決めました。彼は家来のPuckにこの農夫をよりふさわしい女性、羊飼いかあるいはガチョウ使いあたりと恋人同士にするよう、言いつけました。
Puck は魔法のキンポウゲの花を作り、彼が目覚めて最初に見かけた者と恋に落ちるよう、まどろむ農夫の枕の下にそれを入れるつもりでした。夜明け前、はたして Puck は農夫の苔の枕の下に花を仕込みました。彼はそこへ羊飼いの少女を来させるため、ちょっとしたトリックを使うつもりでしたが、ついついほかのことを考えて忘れてしまったのです。そしてそのかわりに農夫が見たのは、海賊の少女でした!
かくして農夫はほんのひとまとめの彼の衣類とともにいなくなりました。Hermia は彼がさよならを言うためにすら立ち寄らなかったことを悲しみましたが、彼が自分と結婚できるよう、ひと財産築こうといなくなったのだと信じていました。
Lord Oaks はHermia に対して申し訳なく思いました。彼はPuckの枕の下にキンポウゲの花を入れ、枕元にHermiaの肖像画を置くことで状況を元に戻そうと試みました。Puck は Hermia に恋しました。彼はハンサムで、チャーミングで、金持ちの貴族に変装し、名をRobin Goodfellow としました。この変装で、Puck は Hermia の両親に、Hermia に結婚を申し込むため会いにに行ったのです。彼らは即座に同意しました。Hermia は婚約を拒否し、彼女は真実の愛を待っているのだと述べました。彼女の両親は耳を貸さず、結婚式の日取りを決めてしまいました。結婚式の直前、Hermia はガードを避けるため男性に変装し、農夫を探すため逃げ出してしまいました。
*****
Lord Oaks は幾月もの間どうしたら事態を収めることができるか考えました。そしてついに彼は愛の呪文を打ち砕く方法を思いつきましたが、それには魔法のキンポウゲの花が必要でした。
不運なことに、ちょうどその時 Queen Silvani は、自分と宮廷の人々のために俳優の一座に彼らの夢の中で公演させようとBet-Lem Reg に呼び寄せていました。その中の一人、Nicholas HartはPuck 興味を持ち過ぎたため、鹿に姿を変えられてしまいました。俳優自身の恐怖と相まって、鹿は一層グロテスクな姿をしていました。狂った牡鹿はBet-Lem Regから脱出しようと舞台を壊し、その力強い角で樹を根こそぎ掘り起こしました。魔法のキンポウゲの花は鹿が逃げるときに角にひっかかったのです。
(陽気な寄せ集めの冒険者たちの一団が舞台の右側から入場)

Great Lakes EM ウェブサイト

大和、北斗でゲリライベントやら、桜で内装やら

2013年3月26日 火曜日

3月20日の深夜、大和と北斗で桜をテーマにしたゲリライベントがあったようです。ブリ第1銀行から少し西側に以前はなかった桜が咲いていますね。画像は大和です。

思えばまだボランティアプログラムがあった頃は、EMではなくシーアが街中に現われてはこういったイベントを行っていたわけですが、その多くは人目に触れることもなく、彼らの星の数ほどの偉業はボランティアプログラムの終焉とともにその歴史の中に封印されることになったわけです。残念ながら私はついぞ一度もシーアイベントには遭遇することができませんでしたが、彼らの無形の奉仕には本当に頭の下がる思いです。
一方、EMが行うイベントは基本的にウェブサイトで告知、宣伝されます。しかし、シーアが行ってきたようなロールプレイに特化した突発イベントは海外でも“pop-up event”と呼ばれ、EMの手によってしばしば行われています。アイテムにばかり目が行きがちで、シーアイベントを引き合いに出されてはバッシングの対象になることもある日本シャードのEMイベントですが、今回のような限りなくシーアイベントに近い“pop-up event”もまた、EMイベントには違いありません。そもそも100人規模のイベントと、参加人数が10人にも満たないゲリライベントではその目的、条件、参加プレーヤー層も異なり、比較するのはあまりに無理があるように思います。

さてさて。
今日は倭国が誇るヒーロー、Yさんがご自宅に招待してくださると言うので行ってきました。私のあまりにショボイ装備を見て(?)会うなりタングルとクリリンをぽんっとプレゼントしてくださる男気あふれる方。ステキ!何もできませんが、後日桜で秘薬低減セットを 足りない分は体で 返すことにして桜のカスタマしたての自宅にご招待することにしました。
ベランダに置かれたピンクのスリッパ(実はLeather Cap)に感動(?)するYさん。

業界風に言うと、
「じーまーでごいすー」

だそうですw

話題はノンストップで昭和歌謡、イタコ、AVまでw 

楽しい夜だったですー。Yさん、低減セットできたらお知らせしますね。

Origin イベント 3月27日(水)10:30am(日本時間) – ふわふわしっぽのピーター(Peter Cottontail)がやって来たよ…そして、ジギー(Ziggy)も?

2013年3月25日 月曜日

「こんにちはタリン!!!!!」ジギーはカウンターに飛び乗ってタリンのリストを見るなり大きな声を出しました。「何してんの?遊びに行かない?冒険しに行かない?なんかバクハツさせない?ほら、ボクいつだったか助けてあげたじゃない!聞こえた?ねえ何書いてんの?」
タリンは地獄からの羽が生えたやっかいものと称すべきジギーにできる限り静かに答えるため、彼女の鼻梁をつまむと今一度大きく息をつきました。「これは私がイースターディナーのために市場で揃えるもののリストよ。」
「わあ!イースターバニーが来るんだね!そうだよね!今年は何を持って来てくれるのかな!ねえ、君は彼が僕らの助けを必要としていると思わない?!」ジギーは部屋の中の本や紙をたたきながら跳ね回り、次第に混乱具合を広げながら興奮したようにしゃべりました。
「ジギーやめてちょうだい!」タリンはランタンがひっくり返って火が燃え移りそうになるのをかろうじて押さえながら叫びました。「いいえ、ジギー、イースターバニーは助けを必要となんてしていないわ。彼は集中しなくてはならないの。彼はとても気が散りやすくて混乱しやすいのよ。過去数年間というもの私たちはイースターギフトを探しに行かなけりゃならなかった。何でかって彼がほかのことに気を取られて失くしちゃったからよ。だからジギー、彼を助けようとするのはやめてちょうだい。」
「でもタリン、ボクは助けられるよ。僕はクリストフを助けたの。イースターバニーだって混乱しないように助けてあげられるよ。きっとすばらしく豪華になるね!今までで一番のイースターになるね!ジギーは彼の背後にちらかったほこりの道を作りながら勢い良くドアから出て行きました。
「だめーーーーっ!ジギー何を……」タリンは羽が生えた小さなモンスターの背後でドアがバタンと閉まった瞬間、彼を止めようと早口で叫んでいました。しかし、彼女はどうやらそれはうまく行かなかったようだと悟りました。タリンはジギーがスキップしながら声を張り上げて歌っているのを聞くと、彼女の頭を優しくデスクに打ち付け始めました。
ふわふわしっぽのピーター、そしてジギーがやって来たよ
ウサギの小路を駆け下りて
ヒッピティーホッピン!イースターがやって来る
(急がなくっちゃ)
男の子と女の子全員に運んでくる
バスケットいっぱいのイースターのお楽しみ
君たちのイースターを輝かしいものにするために
僕が手伝うんだ!

今年のイースターバニーがどんなプレゼントを持ってきたか見に来てね!ブリテインのカウンセラーホールに集合です。

Origin EM ウェブサイト

Origin イベント 3月24日(日)11:00am(日本時間) – ハンガーゲーム! UOスタイル

2013年3月22日 金曜日

ついにやってきた! オリジン初のUOハンガーゲーム! 死への戦いにどうぞ、加わってください!自身の機転だけを頼りに最後の一人にあなたはなれますか? このイベントは楽しむだけ、勝利自慢のためだけのイベントです。あなたがPvPをやってみたいなら、その機会があります。あなたは失うものはまったくありません! 資材と防具は支給されます。
プレーヤーと見学者のためのインフォメーションを読むようにしてください。すべての終了時間は厳密です。私たちは希望するすべての人たちが参加できるように(ゲートの開放時間は)十分な時間を設けていますが、時間を過ぎたら誰もこのラウンドに参加、ないし見学することはできません。
**このゲームは私たちの最初の試みです。何か問題があるようでしたら、私たちは再度実施する前にそれを解決するために作業します。私たちはこのゲームが人々が十分に楽しめるものであれば、通常のイベントとして実施することを望んでいます。

出場者と見学者に所持が認められているもの:
※ エセリアル騎乗生物、あるいは冥府の軍馬1個。もしお持ちでなければ通常の馬をご用意します。それと、
※ 家に帰るためのルーンブックを1冊。
これだけです。

出場者向けルール:
・ トランメルとフェルッカのユーからゲートが出ています。
・ ゲートは午前10時(日本時間)から午前10時35分(日本時間)まで解放されています。登録は午前10時15分(日本時間)から開始です。
・ ゲーム自体は午前11時から開始です(すべての参加者が検査を終えてしかるべき処置を施された後)。
・ 殺人カウントについて我々はコントロールできませんが、しかし、カウントを入れないよう、お願いいたします。
・ 特に派閥に加入している場合はゲーム開始30分前までに現地入りしていることが望ましいです。ゲーム開始前に死ななくてはなりませんが、ステータスロス状態から抜けることができるからです。
・ 出場者はEM PvPハウスにフレンドさせていただき、一度ログアウトすることでどこにもペットを持っていないことを証明していただきます。これが確認できたら一度「クリーン・ルーム」で待機していただきます。
・ すべてのルールについてはゲーム開始前に再度説明があります。
・ ゲームは最後の一人が残った段階で終了となります。

見学者向けルール:
・ PvPハウスの1階に集合してください。バッカニアーズ・デンのゲート付近にあるボルテックスから来場することができます。時間の節約のため、認められた所持品のみで来場くださいますよう、お願いします。
・ すべての見学者は死んでいる必要があります(私たちがお手伝いいたします)。
・ 見学者は蘇生してはいけません。そして、どのような形であれ、ゲームに介入することはできません。見つかればすぐにダンジョンから排除されます。
・ 見学者も出場者と同様の所持品のみ認められ、ダンジョンに入る前に検査されます。
・ 見学者の皆さんは出場者が「クリーン・ルーム」に移動するまでそのまま待機していただきます。その後、私たちはあなた方を検査し、殺し、ダンジョンへ送り込みます。

その他の情報についてはStraticsのこちらのスレッドをご覧ください。

Origin EM ウェブサイト

Great Lakes イベント 3月24日(日)10:00am(日本時間) – 春の花

2013年3月21日 木曜日

*窓の外には雪と裸の木*
*ため息をついてタイプを打つ*

春はどこ! 春は明日訪れるはずでしたが、とてもそうは見えません。
彼女はペットのガチョウの捜索願のポスターを貼っているところを目撃されたのを最後に、消息を絶っているのです……。

ブリテインのカウンセラーホールに集合です。

Great Lakes EM ウェブサイト