2015年1月 のアーカイブ

今さら聞けないイグノア特化型戦士ビルドガイド

2015年1月8日 木曜日

ボイドプール用に火力重視のイグノア戦士を育成した際の、非常にざっくりとした、初歩的、かつ最低限の指針をまとめました。
これが正しいよ!こうしなよ!というものでもない単なるメモ代わりです。
レジ白豚のようにWWA無双には不向きですが、Pスキル抜きで語るならスラッシャー、あるいはライフリ無効のコギャルやエクソダスなどにも汎用性が高いモデルです。

◎ 武器スキルおよび武器選択
・イグノア武器一択で高火力戦士を目指す
イグノア武器には下記のようなものがあります。( )内はベースダメージ。剣なら当然火力の高いロンソ、ブレスタ推奨。ただしキャラのスタミナが150程度なら背伸びせず、槍術のスピアやリフブレの選択を。ハチェットを伐採スキルと組み合わせるという通好みの選択肢もあります。

– 剣
Long Sword(14-18)
Bladed Staff(14-17)
Broadsword(13-17)
Hatchet(13-16)
——————
<ランク外>
Katana(10-14)
Wakizashi(10-14)

– メイス
Hammerpick(13-17)
War Axe(12-16)

– 槍
Spear(13-16)
Leafblade(11-15)
——————
<ランク外>
Kryss(10-12)

– 弓
Composite Bow(16-20)

◎ スキル構成
・騎士道スキルは84以上、高タク、高アナで与ダメ増

– 騎士スキル値の詳細
EO
スキル84以上で飛躍的にエネワンの使い勝手が良くなります。スキル103以上なら、エネワンのダメージボーナス1.67倍とパーフェクション併用でイグノアによる与ダメが補正を差し引いても最大3倍になります。

– 戦術スキルと与ダメの相関関係
tactics

– アナトミースキルと与ダメの相関関係
anatomy

・SpMコストを考慮した戦闘スキルの選択を
– イグノア連打を目指すなら、マナとマナコストとともに意識すべきなのがSpMコスト。まして連打なら3秒以内(2発目、3発目)には否が応でも倍消費というペナルティもついて来ます。
– SpMコストは戦闘スキルの合計値が200以上あれば5%軽減、300以上あれば10%軽減されます。あえて盾を60で残す人がいるのはこのため(武器スキル120+武士120+盾60=300)。
– ここで言う戦闘スキルとは剣術、槍術、棍術、弓術、受け流し、伐採、隠密、毒、武士道、忍術です。

・武士あり or 武士抜き
– 考え方としてイグノアで攻撃特化するならパーフェクションはともかくとしてライトニングは捨てても良い。このためSpMコスト軽減5%を稼げるぎりぎり(武器スキル120+武士80)まで削る人も多い。まして弓なら武士盾ブロックなんて無縁なんだから真っ先に削ってもいい。

・エルフ戦士 + やっぱりネクロでヴァンプ or レイスでマナ確保
– 人間戦士にこだわらず、マナだけに着目するなら種族はエルフ一択。かつ、吸収によるマナ確保のためネクロを入れてヴァンプかレイス推奨。
– ヴァンプはマナ回復+3相当の回復速度を得る一方、レイスは攻撃者のネクロスキル依存で相手に与えたダメージから一定のマナを吸い取ります。マナを吸われると当然敵は大人しくなりますから、レイスはソロのみならずPTプレイでも歓迎されるスキル構成です。
– さらに変身時FRが-25となるヴァンプよりも、ARは+15、FRは-5、ERは-5となるレイスが装備のコスパ的にも優れています。
– これだけ見るとレイス化が良さそうに見えますが、呪ダメに弱い、騎乗不可、毒耐性なしなどデメリットもそれなりにあります。
– ざっくりと言えばレイスはHP吸収やスタミナ回復に優れたヴァンプよりも打たれ弱く、より能動的な弓や投擲との組み合わせが光ると言うことです。いわゆるレイス弓、レイス投擲です。

・回復
– ライフリ無効のモンス多数の昨今、近接なら包帯を入れた方が格段に安定します。高DEX、高アナトミー戦士なら包帯のHP回復増を利用しない手はない。
– ヴァンプ弓ならHP吸収のみでもどうにかなる。レイス弓ならスピスピ入れてCWによる回復もあり。

・武器スキル
– PSCさえあれば120推奨。PSCが安いメイスは入門としておすすめです。

◎ 練成/改良
.装備
– 抵抗
オール70が基本。バンプ、レイス、人間かによって増減値を装備で調整。
– 命中/回避
近接なら命中45、回避は30くらいあればなんとかなる。弓なら命中45、回避はないよりはあったほうがいいが、わざわざ45まわすくらいならDEXとマナにふったほうがいい。機動力を生かしてむしろ立ち回りでカバーが漢。
– マナとマナコス
イグノア戦士ならマナは最低でも60、できれば70ほしい。マナコスは鋲革の瞑想不可ボーナスで55あれば理想的。
– 武器ダメージ
装備で60が王道ですが、そろそろ装備だけでダメ100を目指してみても。そこそこの速度アクセのドロップもあり、バトルエッセンスで55、プリズムレンズで25などの選択肢もある昨今、見た目さえ気にしなければ思ったよりも100への敷居は高くない。ネットに出回っている計算機や自作のエクセル表などで計画的な練成・改良を。

・武器
– 弓ならいつかは最速(スタミナ210で1.25撃ち)目指して速度50弓を一度は作ってみたい。
Ashルニックで1ワード保障、1ワード指定、疾風の/速攻、速度40をAsh強化。
マナリ上限突破を目指すならAshルニックで1ワード保障、1ワード指定、夢魔の/吸血。
– ブレスタ持ちはダメ100装備になまくら砥石なんていらないNQ品の5プロパ練成が人気。
どうせ作るなら見目麗しい属性100のベースで作りたい。
Shadowルニックでパワフル製造、1ワード保障、匠の/上質。

………毒がでねーyo!
reforge

おわり。