Baja イベント 8月14日(火)(現地時間) - 償い

Jebediah(ジュベディア)と呼ばれる奇妙な男は彼の年老いた節くれだった手にメモを握りながら座っていた。彼の顔には年齢と、仕事に明け暮れた人生が刻まれていた。
彼は彼に託されたことだけを実行し、決して巻き込まれまいとしたのだ。しかし彼が暗殺者としてシャドウロード派に加わると言う軽率な決意をしてからかなりの年月が経っており、すでにその時は過ぎ去ったにもかかわらず、彼は相変わらず事が成されようと言う時にはその一人と目されていた。
ジュベディアは頭をふると、うめき声とともに立ち上がった。彼の年老いた骨がみしみしと言った。彼は依頼された事をする理由をもはや見つけることができなかったし、それをしようと言う気概もなかった。彼は過去の彼の行いを悔いていた。それは彼の年齢のせいでもあっただろう、彼は過去を償う機会を伺っていた。
彼は火の中にメモを投げ入れ、決意を固めた。メモは彼に暗殺計画に加わるよう打診するものだった。彼は彼らに会うだろう、しかし何者をも殺してほしいと頼むことはない。彼はある一人の死を切望する邪悪な存在を守るよう依頼するのだ。その時が彼にとってこの世を去る時であり、彼は平和の内に横たわるだろう。
彼は杖を引き寄せるとドアを出てバッカニアーズデンに向った。かすかな微笑みが彼の年老いた顔にしわを寄せ、彼の目は新たな輝きを帯びていた。

(OCC- あなたは8月14日(現地時間)に、バッカニアーズデンのどこかでジュベディアに会うことができるでしょう。彼はあなたに助けてくれるかどうかをたずねます。あなたはジュベディアが隠れている場所を探さなくてはなりません。)

Baja EM ウェブサイト

コメントをどうぞ

CAPTCHA


Spam Protection by WP-SpamFree