Catskills イベント 6月30日(水)10:00am(日本時間) – ロイヤル・ガード ミーティング

司令官オリビア・カンロック (Kanlocke)はいらいらしながらジーク・ゴールドムーン(Zeke Goldmoon)軍曹が到着するのを待っていた。若き軍曹が時間に遅れるのはめずらしいことだった。彼女は彼女の指を机にコツコツ打ちつけながら、彼の遅刻について少しでもましな理由を考えていた。彼女の忍耐が限界まで達し、彼女が兵舎へ彼の所在を確かめに向かおうとしたそのとき、ドアが開いて軍曹が入って来た。

彼はつかつかと彼女の机の前まで歩み寄ると敬礼した。彼女は彼の顔に恐怖が浮かんでいるのを見た。彼女は彼の敬礼をほんの少し長く、そのままにしておいた。少し落ち着いたかに見えた軍曹は彼の腕を戻し、遅刻について丁重に詫びた。

「司令官、申し訳ございませんでした。私はお待たせするつもりではなかったのです。予定よりも長くコーブで足止めされてしまいました。出発するのに…」

彼女は彼をさえぎった。「弁解は結構。ゴールドムーン軍曹、あなたがこのような単純な任務においてスケジュールを守れないならば、あなた以外の誰かにあなたのポストをお願いしなければなりません。私は部下に規律を守ることを要求します。あなたはこの新しい任務において極めて厳しいスタートを切りました。すぐに態度を改めることを望みます。わかりますね?」

「はい、司令官。わかりました。」彼は明らかな非難にすぐさま反応して言った。

彼女は若き軍曹に役人としての資質を見出しながら、甘やかすことなくそれを建設的な方法で引き出したいと望んでいた。新人は鍛えられ、形作られ、成長することが望まれており、彼女はそれをする方法を見つけた。

彼女は続けて言った。「軍曹、私が今日あなたにここに来るように言ったのは、あなたにヘイブン、アンブラ、ウィンド、そしてアビスのあらゆるロイヤル・ガード連隊に連絡を取ってもらうつもりでした。私は彼らと話をしなくてはなりません。彼らの元へ行き、私が彼らを
※日本時間6月30日(水)10:00amにブリティッシュ城のオリビア・カンロックのオフィスに召集する
ことを伝えなさい。彼らが到着したら、彼らにそれぞれ任務を与えます。よろしいですね?」

「かしこまりました、司令官。」ジーク・ゴールドムーン軍曹は答えて言った。「そして私のコーブでの任務についてはいかがいたしましょう?レポートについては明日の朝まででよろしいですか?」

「あなたのレポートは日暮れまでに私の机に置いておくように。軍曹、日暮れまでです。それができないのなら、あなたは除隊されます。」

胸に手を当て、若き軍曹は敬礼した。そしてレポートを書くために兵舎に向かって歩み去った。

Catskills EM ウェブサイト

コメントをどうぞ

CAPTCHA


Spam Protection by WP-SpamFree