MMORPG ウルティマ・オンライン - Ultima Online の知られざる歴史、海外EMシャードイベント情報

The Conquest of Origin_5

The Conquest of Origin-タイトル文字

「僕は、何とかすることはできたと思う。」ギャリオットは振り返って言う。「ただ誰もどうにかするために時間を割かなかったし、会社には悪条件が揃いすぎていたんだ。」

1992年、スティーブ・パワーズはマーケティング部のごみ箱のなかに、社員全員の集合写真を見つけた。「それはワイルドベーシン・ビルの階段で、ウルティマVIIの出版記念パーティーの時に撮ったものだった。」パワーズは振り返る。「僕はそれをスキャンして、僕のウィンドウズのデスクトップに使った。一人、またひとり、社員が辞めたり、首になったりする度に、僕は彼らをフォトショップで赤い点を描いて塗りつぶした。ほとんどの点がクリスマス休暇あたりに房になるようだった。1997年のクリスマスの直前、僕は自分の顔を塗りつぶして去った。僕はほかのゲームスタジオで働く間、何年もその写真を更新し続けたけれど、最後の顔が塗りつぶされたのはかなり、最近のことだったよ。」

いくつかの著名な赤い点について:
ウィング・コマンダーのデザイナーのクリス・ロバーツは1996年にオリジンを去り、デジタル・アンヴィル社を立ち上げる。ロバーツは1999年に映画、ウィング・コマンダーの脚本、監督を手がける(評価サイトの評価は低い)。2003年にはスペース・ゲームの「フリー・ランサー」をリリースして小さな成功を収め、ポイント・オブ・ノーリターン・エンタテインメント社設立のため、デジタル・アンヴィル社を去る。現在のところ社名はアパートの表札に出ている。

ウォーレン・スペクターは1996年に「ルッキング・グラス・スタジオ」移籍のため、オリジン社を去り、後にイオン・ストーム社を立ち上げる。2000年に彼はベストセラーとなったゲーム、デウスエクスをプロデュースした。デウスエクスは彼がEAを去る少し前に、EAにキャンセルされた、シューターと呼ばれたオリジン社のプロジェクトを引き継いだものだった。「デウスエクスはEAのタイトルになったかも知れないのに!」スペクターは言う。

アーティストのデニス・ルーベットはオリジンを1997年に去る。現在はブティック型MMOG "Ashen Empire"(エイシェン・エンパイア)を手掛けるアイアン・ウィル・ゲームズと提携している。エイシェン・エンパイアのコンセプトとして、"一万人のためのウルティマV"を提唱した一人である。

1998年、ドン・マトリックは5400万ドルを投じたEAカナダの開発スタジオをバーナビーに開設した。2003年には700人の従業員を抱え、マトリックはさらに別のビルを追加する計画を立てた。スタジオは現在、NBAライブ、トリプル・プレイ・ベースボール、NHLホッケー、FIFAサッカーなど、世界的に最も成功したスポーツゲームを生産している。「ドン・マトリックはブリティッシュ・コロンビア州のハイテク産業のチャンピオンだよ。」スタジオの社長、シドニー・ウィリアムズは2000年、インタビューに答えて言った。2005年10月、プロストの後継者と目されていたマトリックは、(ディスティンクティブ社時代を合わせて)23年間在籍したEAを、「ほかにやりたいことを探すため」去った。EAはマトリックの退社について、理由を明らかにしなかった。
1999年、ウルティマVIIIから8年後、少なくとも2度の完全なやりなおしと膨大な労働力をかけて、EAはウルティマIXで失敗を喫した。その当時の誰一人として、それがオリジン社の最後のリリースになるとは思わなかった。リチャード・ギャリオットはオリジン社を去り、デスティネーション・ゲームズ社を設立した。そして、EAを辞めさせられたウルティマIXチームのスタッフの殆どを雇い入れた。2001年、デスティネーション社は韓国のオンラインゲーム界の巨人、NCソフトの米国支社となる。テキサス州、オースチンのNCソフトはシティ・オブ・ヒーローズ(CoH)やギルド・ウォーズをリリースし、現在(2005年)、ギャリオットの新しいMMORPG、タブラ・ラサの3年間の開発計画の4年目で奮闘中である。*訳者注
2004年、EAはついにオリジン社を閉鎖した。そして、UOの拠点をカリフォルニアのスタジオに移転した。最後に首になった従業員はジェフ・ヒルハウス。リチャード・ギャリオットの最初の従業員だった。ヒルハウスはその他の大勢のオリジン社の元従業員のように、現在、ギャリオットとともにNCソフトで働いている。(2005年現在)
*訳者注:ギャリオットは2008年末にNCソフトを退職し、2009年2月にタブラ・ラサはサービスを終了した。

アレン・バーニー氏はカードゲーム「パラノイア」(2004年度版)のデザイナーであり、ソニー・オンライン、オリジン、インタープレイ、ルッキング・グラス社などを経て、コンピューターゲームに貢献したゲームデザイナーであり、ライターである。

前へ 1 2 3 4 5

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional